ファスナーの縫い代を綺麗に始末するレッスン

こんばんは。大阪府豊中市で手芸教室を主宰しています、とさともこです。

今回の生徒様は、毎月定期的に通ってくださる方。
モノづくりに関してこだわりがある生徒様が細部まで気を配った
職人技が光るポーチが完成しました。

希望の長さのファスナーが無い場合が多いので、
両端に布を付ける方法を教えて欲しいとの事で、挑戦されました。

また、私は中縫いの方法をお教えする予定の縫い順で教えていましたが、
よくよく伺うと、内布がしっかり留まる、バイアス始末が習いたい
との事でしたので、途中で変更するハプニングもありました。(汗)
(その場合はファスナー近くの革を縫う作業が楽だったのに。。。
中縫いの工程のせいで、苦労させてしまいました><)

どこから見ても美しい、ポーチが完成しました。

更に疑問は続きます。
ファスナーの縫い代の綺麗な始末の仕方について。

一番簡単にポーチを作るには、布と並行に置いてファスナーを縫い、
(ここでは省略しましたが、内布を付けても良いです)
両脇のファスナーの縫い代を上にあげて、端から端まで縫います。


表に返すと、こんな感じになります。

パッと見は綺麗ですが、中は縫い代がそのまま。↓

なので、これをバイアステープ等で包んで始末すると、こうなります。↓
これはこれで良いのですが、ファスナー止まりの最後の縫い代が邪魔です。

なので、私は中縫いをおすすめしています。
外から見ると、こんな感じ。↓

内側は、こんな感じ。↓
ファスナー止まりの縫い代がフラットなので、スッキリしていますね。

バイアステープなどで包む方法と中縫いにより縫い代が綺麗になる方法、
この2つの縫い方を伝授しました。

更に疑問は続きます。
ファスナー止まりの綺麗な始末。

①ファスナー先の縫い代を布と並行に縫う場合は、上の写真の通り。

②ファスナー先の縫い代を1回、三角に畳むとこんな感じ。

悪くは無いけど、隙間がありますね。↓

③ファスナー先の縫い代を2回畳むとこんな感じ。

割れている感じで変。。。↓

④ファスナー先の縫い代を縫い代側へ緩やかに寄せる縫い方だとこんな感じ。↓

良い感じです。↓

これらを比べるとファスナー先は、④の、緩やかに縫い代側へ寄せる方法が
一番自然で綺麗な感じがします。

もちろん、この方法も中縫いした時の縫い代の始末も綺麗です。

という具合に、本当に素朴な疑問ですが、
本には載っていない事を実物で確認して頂いています。

「いくらネットで調べても解決できなかったのですが
ともこさんに教えて頂いて解決できました!」

と 嬉しいご感想を頂きました。

 

教室にご興味のある方はこちらへどうぞ↓

1レッスン2名様の少人数制です。

≫≫お問い合わせフォームは、こちら 。  (携帯可です)

応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。