糸調子

こんにちは。大阪府豊中市で手芸教室を主宰しています、とさともこです。

今回の生徒さんは、毎月定期的に通ってくださっている方。

甚平を作りたいとの事でした。
型紙を写すところから始め、柄を合わせる作業を含めると、余裕をみて8時間位かかる事をお伝えすると。。。(宿題を家でやる場合はもっと短縮できます)

「では、練習に、まずは無地のズボンを作ります!」との事で、
ズホンを作る事になりました。

型紙を用意したり、布の下準備は生徒さんご自身でできるまでに成長したので、裁断から。

地の目に合わせて型紙を置く事や、カーブがギザギザにならない裁断の仕方などをレッスン。

ミシンに糸を通す事も慣れてきました。

ミシンに糸を通した後は、いつも試し縫いをして頂くのですが、縫い目をチェックすると、攣っています。

糸の掛け方を見直したら、1か所かかっていませんでした。

そこを正して試し縫いすると、綺麗!

生徒さんは、「攣っている縫い目と正常な縫い目を両方見ると、正常な縫い目が綺麗と分かりますが
単体では、攣っていても、こんなものかな。。。と気付かない気がします><」と仰っていました。

確かにそうかもしれませんね。

自宅でひとりで縫っていたら気付かない事も
気付けて、直せるのが対面レッスンの良さですね。(←自分で言っちゃった!)

縫い代についても本には説明されていませんでしたがその過程の意味などを説明すると、
納得されたご様子でした。

そして、綺麗なカーブのポケットの縫い方や、アイロン、縫製を経て、なんと2時間で完成☆
縫うのが早い生徒様!
(ゴム通しはご自宅で)

「思っていたより簡単でした!」というご感想を頂きました。

確かに、ズボンは簡単なのですが、それ以上に生徒さんが上達しているなと感じました。

最初の作品の時とは手の運びが全然違います。
今は、無意識で針から半径3cmのエリアを平らにする手の運びになっています。

生徒さんの成長が楽しみです♪

インスタグラムで完成写真をUPしてくださっています^^↓

教室にご興味のある方はこちらへどうぞ↓

1レッスン2名様の少人数制です。

≫≫お問い合わせフォームは、こちら 。  (携帯可です)

応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ

コメントは受け付けていません。